夫婦

【体験談あり】残業続き、仕事が激務な旦那にしてあげられることはある?

仕事の働き方について見直す、”働き方改革”という言葉をよく耳にするようになりました。

とは言っても…、

残業は深夜まで土日出勤は当たり前!なんて会社も、まだまだたくさん見受けられます。

 

働く旦那さんが大変なのはもちろんですが、生活を共にする家族からしてみれば…、

  • ちょっと働きすぎじゃない?
  • 大変そうだけど、何をしてあげれば良いか分からない。
  • 忙しい夫の健康面や精神状態が心配…。

こういった悩みや不安を持つ方も多いかと思います。

 

この記事では、

私の実際の体験談も踏まえて、夫の仕事が大変な時に出来ることを具体的に紹介しています。

健康面や精神状態の改善に繋がるだけでなく、夫婦の絆が深まるきっかけになるかもしれません。

【体験談あり】残業続き、仕事が激務な旦那にしてあげられることはある?

まずは、私がこの記事を書くきっかけとなったお話を少しだけ。

ストレス耐性があると思っていても…

我が家の夫も、仕事は激務で深夜に帰宅も当たり前の生活をしていました。

そんなある時、様子がおかしいなと思ったことがあって…、

翌日から仕事が始まる日曜日の夕方頃になると、明らかに気分が落ち込んでいる様子で、話しかけても反応が悪く、普段と様子が違う。

サラリーマンが日曜の夕方になると発症する、いわゆるサザエさん症候群の重症化した感じでした。

普段は明るい性格で、家でも仕事の愚痴は滅多に言わない夫。ストレス耐性もかなりあると自負していただけに、余計に心配でした。

ただ、”仕事に行きたくない”それだけではない感じがして、心身共に疲労困憊な様子が口にしなくても分かるほどでした。

 

見て見ぬフリはしない方が良い

そこで、話を聞いてみると…、

その時期は特に忙しく、仕事のプレッシャーもあり限界が来ていたようでした。

そして、その後は体調を崩して何日も仕事を休むといった出来事がありました。

その後は仕事も落ち着いきて体調も回復しましたが、そのままにしていたら過労で倒れていたかもと思うと怖いですね。

男性は特にプライドや家族に心配をかけたくない気持ちが邪魔をして、家ではつい本音を隠しがちかもしれませんね…。

 

夫の仕事が大変な時に出来ること…

では、”夫の仕事が大変な時に出来ること”は何かというと…、

  1. 夫婦で話をする時間をつくる
  2. 休みの日に予定を詰め込みすぎない
  3. 夜遅くても気にせず食べられる物を作る

自分自身に余裕がないと相手を思いやることってなかなか難しいので、簡単な方法を3つだけ。

 

夫婦で話をする時間をつくる

引用:男たちはなぜ恋人や妻に愚痴をこぼさないのか

上のグラフは、仕事で悩んだときに 誰に相談しますか?というアンケートで、全国の20~ 49歳の有職者、女性150人男性150 人を対象に実施されたもの。

男性の回答を見てみると、”誰にも相談はしない”の項目が、2割程度占めていることが分かります。

頭の中では色々と考えていても口には出さず、結局一人で抱え込んでメンタル崩壊…なんてことにもなりかねないですね。

 

不必要に聞き出すまではしなくても良いですが、

  • 仕事忙しそうだけど、最近大丈夫?
  • 今どういう仕事をしてるの??

といった何気ない気遣いが、旦那さんを救えるきっかけになるかもしれません。

 

休みの日にリラックス出来る過ごし方をする

旦那さんが仕事で激務な場合、休みの日はなるべく予定を詰め込みすぎずにリラックス出来る過ごし方を提案しましょう。

とは言っても、小さい子供のいる子育て家庭はなかなか難しいかもしれませんが…

  • いつもより少しだけ贅沢した外食をする
  • 家で家族でのんびり過ごす時間を作る

など、ちょっとしたことでも気持ちがリフレッシュして翌日からの仕事の活力に繋がるそうです。(夫談)

家族と過ごす時間が一番の癒しになると良いですね。

 

夜遅くても気にせず食べられる物を作る

仕事が忙しく帰りも遅い場合、夜の食事には気をつけたいものです。

夜遅くに食事を摂ることで、肥満のリスクが高まるだけでなく、長期的にはメタボリックシンドロームを引き起こし、それによって心臓病脳梗塞糖尿病を誘発する可能性も。

我が家の夫も帰宅が深夜になってしまうことが多かったので、仕事中でも手軽に食事が摂れるようにスープを持参していました。

この”遅夜スープ”はレシピが見やすく、かなり簡単にスープが作れるので重宝していました。

 

まとめ

今回は、夫の仕事が大変な時に出来ることを紹介しました。

”出来ること”を紹介しましたが、あまりにも激務で大変そうな時は、いっそのこと転職を勧めてみても良いかもしれません。

今の会社で苦労するよりは、健康でいることの方がはるかに大切。

こういったことを伝えると、旦那さんも安心して前向きに転職活動が出来るかもしれません。