グルメ

【銀座】資生堂フルーツパーラーサロン・ド・カフェ 史上最高のパフェを食べたいならココ

銀座でちょっと贅沢な時間を♪
美味しいだけではなく目で見ても美しい。

サロン・ド・カフェ資生堂パーラーの紹介です。

  • 銀座でカフェを探している
  • 極上のフルーツパフェを食べたい
  • 大好きなあの人を喜ばせたい

 

サロン・ド・カフェ資生堂パーラーとは

銀座駅から7分ほど、大通り沿いにあるのは東京銀座資生堂ビル。

建物内には、有名な資生堂のお菓子が購入出来るショップ、デートに最適なレストランや雰囲気の良いバーが入っています。

ショップでは、ここ銀座本店でしか手に入らない商品も!手土産に最適です♪

 

資生堂パーラーサロン・ド・カフェは、この東京銀座資生堂ビルにあります。

資生堂パーラーの歴史は古く、明治35年に日本で初めてのソーダ水やアイスクリームを販売する「ソーダファウンテン」として誕生しました。

長い歴史がありながらも、今もなお、人々から愛され続ける人気のカフェです。

 

周辺はこんな雰囲気

毎週末、銀座の街は正午から夕方にかけて車両が通行止めされ、「歩行者天国」になります。訪れたこの日も休日だったので、歩行者天国になっていました。

お目当ての東京銀座資生堂ビルに行く前に、お隣にある建物からご紹介。

こちらは、資生堂THE STORE

資生堂の化粧品などを購入できるだけでなく、メイクアップレッスンも行なっていますよ。

美容マニアにはたまらないスポット♪

 

いよいよ資生堂パーラーへ入店!

今回、資生堂パーラーには「真夏のパフェフェア」を楽しむ目的で向かいました。

「真夏のパフェフェア第一弾」は7月2日〜7月31日まで♪

建物は11階建て、入り口がこちら。

煉瓦色の洋館風な建物です。訪れたのは土曜日の15時ごろ。

常にカフェには多くの人が並んでいるのを目にしていましたが、この日も5060分待ちとのこと。

フルーツパフェに想いを馳せながらひたすら並びます。店内で並ぶことが出来るので、そこまで苦ではなく、意外とあっという間に入店できました。

 

店内は落ち着いた雰囲気

店内はカフェと言いつつも、落ち着いた雰囲気で洗練された洋風レストランといった感じ。

店員さんは全員スーツを着ており、やや格式高いお店の雰囲気は出ていますが、お客さんは普段のラフな格好で来店していました。

デートのランチに使えそうですね♪

 

このパフェがたまらない!

さあ、いよいよお目当のパフェを注文します。

こちらは「真夏のパフェフェア第一弾」のラインナップです。

  • 和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ ¥2,160
  • 沖縄県産 アップルマンゴーのパフェ ¥2,580
  • 岐阜県 揖斐郡産 ブルーベリーのパフェ ¥1,980
  • 長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ ¥1,890

パフェの種類はこのほかにもチョコレートなど数種類。フルーツサンドも魅力的でしたね。

 

”甘いものは別腹”な私は「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」をチョイス。

こちらは、銀座本店限定だそうです。

資生堂パーラーはフルーツが有名ですが、贅沢にゴロゴロと入った苺は甘くて最高に美味しかったです。

今まで食べたパフェとは比べ物にならない…。

生クリームもとても美味しくて、ペロリとたいらげました笑

食べていると何とも言えない幸せな気持ちになります…。

 

甘いものが苦手な男性でも大丈夫

 ”甘いものは嫌いじゃないけど進んで食べない”程度の夫も  「和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ」を注文。

大量の生クリームが苦手だそうですが、この「パフェフェア」の魅力に圧倒されて、果敢にパフェに挑む様子に思わず拍手を送りたくなります。

食べ終わった感想としては、

生クリームも甘すぎず、パフェの途中にアイスも入っていて丁度良いバランスで美味しかったです! 

だそうです。良かったですね♪

パフェもそこまで大きくないですしフルーツ盛りだくさんなので、生クリームの重さも感じず男性も無理なく食べれます。

 

歴史あるお店ならではの接客

私は見てしまいました。

歴史あるサロン・ド・カフェ資生堂パーラーの素晴らしいホスピタリティを。

パフェが運ばれてくるのを待っていると、妊婦さんが来店されて席に着くのを見かけました。

すると、その様子に気づいた店員さんは、素早くササッとブランケットを席まで運んでいました。

それだけではありません。

スマホの忘れ物があったようで、広い店内、大勢のお客さんがいるのにも関わらず、全てのお客さん声をかけ忘れ物の確認をしていました

更にずらっと並ぶお客さんにも。

忘れ物があっても、持ち主からの問い合わせがあるだろうと思ってしまいがちですが、忘れた人が困るだろうと一人一人に聞いている姿に、好印象だったお客さんも多かったと思います。

忙しい中でも、とても丁寧な接客が心地よかったです。




まとめ

いかがでしたか。

因みにパフェは、種類によりますが1800円〜2500円ほど。

「少し高いかな」と感じるかもしれませんが、それを超える美味しさでした。

資生堂パーラーサロン・ド・カフェで、ちょっと贅沢な時間を味わってみてはいかがでしょうか。

真夏のパフェフェア第2弾」も、8月1日〜8月25日に開催されるようです。

公式サイトで、パフェのラインナップが確認できますよ♪