ライフスタイル

【妊娠中もOK】鼻詰まりで眠れない時に役立つ対策3選

鼻詰まりで夜が眠れなくて辛い。でも妊娠初期で薬が飲めない…。

花粉症妊娠性鼻炎によって、鼻詰まりに悩む妊婦さんも多いですよね。

鼻炎を和らげる市販薬は数多くあるものの、妊娠中に薬を飲むには医師への相談が必要。むやみに薬も飲めません。

 

私も妊娠中は、鼻詰まりの症状に悩まされていた妊婦の一人です。病院へ受診するのも億劫だし、薬を飲む事にもやや抵抗があったので、鼻詰まりに効きそうなものを片っ端から試す日々でした。

そうこうするうちに、自分でも簡単に出来る鼻詰まりの対策を見つけ、快眠できるまでに。

 

というわけで今回は、

私が使って効果が実感できた妊娠中にオススメな鼻詰まり対策をご紹介します。

  • 鼻を温めて鼻の通りを良くする
  • ”花粉 鼻でブロック”でアレルゲンを取り込まない
  • ”メンソレータム”の爽快感で寝付きやすく

 

【妊娠中もOK】鼻詰まりで眠れない時に役立つ対策3選

鼻を温めて鼻の通りを良くする

鼻を蒸しタオルなどで温めると鼻孔が広がったり、粘膜の血流が良くなったりして、鼻の粘膜のうっ血が解消し、一時的に鼻の通りがよくなります。蒸しタオルのほどよい蒸気で加湿にもつながります。   クラシエ公式

「本当に蒸しタオルで鼻の通りが良くなるの?」と半信半疑で試してみたものの、効果は絶大!

一時的ではあるものの、特に寝付くまでの症状が酷い時は、蒸しタオルを当てると鼻が通ってよく眠れました。

濡らしたタオルを電子レンジで30秒〜1分程度温めれば、簡単に蒸しタオルが作れて手軽な方法です。

 

”花粉 鼻でブロック”でアレルゲンを取り込まない

症状が酷い時、毎日のように使用していたのがこちらの”花粉 鼻でブロック

オススメポイント
  • 鼻の穴に塗るだけで、花粉やハウスダストの吸入をブロック
  • チューブタイプで、付属の綿棒でクリームを鼻に塗るだけ
  • クリームは透明なので、目立たず化粧崩れもしない

肝心の使用した感想ですが、

ミントの香りがスーッとして気持ちが良い。

鼻に塗って出掛けたり眠りにつくと、帰宅した時や起きた時の鼻詰まりは、塗らない日と比べて圧倒的に楽!

更にマスクとの合わせ技で効果は倍増でした。


今年は花粉が多く久しぶりにお世話になりました。
手軽に使えて効果もあるので助かります。
もう少し量が多いと有り難いのですが。

この塗り薬を使えば薬いらずなので、
この時期にはいつも重宝しています           ビックカメラ.com 商品レビューより

薬ではないので、妊娠中でも問題なく使えるところが嬉しい♪

 

”メンソレータム”の爽快感で寝付きやすく

唇の表面をおおって風や寒さから唇を守り、荒れ・乾燥を防ぎます。またメントールやカンフルの働きで、唇に爽快感を与えるのが特長です。 メンソレータム公式

少し使い方は違いますがメンソレータムを鼻の下に塗ることで、スーッとメントールの成分による爽快感が得られます。鼻の通りが良くなった気がして、すんなり眠りにつけました。

鼻詰まりでよく鼻をかんでいると、鼻の周りも荒れがち。保湿効果もあって一石二鳥です。

おわりに

今回は、妊娠中でも自分で出来る鼻詰まり対策をご紹介しました。

あまりにも症状が酷い場合は、病院で一度診てもらう必要はありますが、鼻詰まりに悩む妊婦さんはこれらの方法を一度試してみてはいかがでしょうか。