看護師の仕事

【派遣看護師】仕事内容を詳しく知りたい

看護師の皆さんは今の職場で、自分に合った働き方ができていますか?


転職を考えているものの”行動に移せない””迷っている”そんな方へ、この記事が一歩踏み出すきっかけになると嬉しいです。

夜勤を無理して続ける必要があるのか?
派遣看護師の詳しい仕事内容が分かる

  • 病棟勤務を辞めたいけど勇気が出ない
  • 夜勤を続けていたら身体に不調が出てきた
  • 派遣看護師の仕事内容や働き方を知りたい
  • 健康診断業務に興味がある

夜勤について考える

派遣看護師になる前、私は長年勤めていた病院でのお仕事を辞めました。

大きなきっかけとなったのは、不規則な生活リズムが自分には合わず、身体を壊してしまったことでした。

そんな私が、日々病棟で働きながらこんなことを思っていました。

看護師は、体を犠牲にしてまで無理して仕事を続ける傾向にある!

看護師さんは責任感が強い人が多いから、ついつい無理をしちゃうのかも。

夜勤のある仕事は、もちろん無くてはならない仕事ではありますが、働く人の「身体に合う・合わない」があります。

「夜に起きていることがどうしても苦手」な人もいますし、「夜勤をすると必ず胃の調子が悪くなる」といった、身体症状が現れる人までそれぞれですよね。

反対に、「夜に起きているのは得意」「身体も不調が出ないし夜中だけ働きたい人」は夜勤専従の仕事をしていることも。

身体の構造が全く同じ人間は一人もいないので、こういった個人差は仕方のないことです。

 

こちらの記事では、看護師さんの夜勤の実態が書かれています。多くの看護師さんが夜勤について悩みを抱えていることがわかりますね。

結婚や妊娠・出産といったライフイベントをきっかけに、夜勤のある仕事について考える人も多いよね。

自分の身体を酷使してまで無理して働くのは、果たして本当に幸せなことなのでしょうか?

一度、働き方を考えてみましょう

そうは思っていても、今の職場から離れるのは勇気がいりますよね。

経済的な負担も考えると、病院勤務は福利厚生も優遇されていたりと、看護師の仕事の中でも給与は高い傾向にあります。

 

今でこそ、自分に合った働き方を第一に、派遣看護師として働いていますが、かつての私も病院勤務以外考えられなかったです。

ここまでやってきたのに…辞めるのは何だか勿体無い気がする。
 

そんなことを考えたりして、辞めたいと思いつつも「退職します」の一歩がなかなか踏み出せなかったんですよね。

 

ですが、今になって思います。身体を壊してからでは遅い

自分の不調は、自分が一番よく分かりますよね。

患者さんに寄り添う前に、自分の身体も大切にネ!!

一度立ち止まって、自分の働き方について考えてみるのも大切です。

 

ここまでお話してきましたが、病院勤務で学べた事は多く、その経験が現在に活かせていることも沢山あります。今までの経験は決して無駄では無かったです。

合わせて読みたい
苦楽を共にした、大切な仲間もできました。退職した今でも仲良しです。

派遣看護師を分かりやすくご紹介

看護師が活躍できるフィールドは沢山ありますが、私は派遣看護師として働いています。

派遣看護師に関することは、何でもお任せください♪

以前の記事では、派遣会社の選び方や登録時に必要な物を掲載しています。

合わせて読みたい

派遣看護師としてどこで働くかは、自分次第

それでは、派遣会社へ登録後に仕事が依頼されるまでを紹介していきますね。

派遣看護師の仕事は、主に以下があります。

  • 企業や学校の健康診断
  • クリニックでの業務
  • デイサービスでの業務
  • 訪問看護や訪問入浴

これらの中から、好きな仕事を選ぶことができます。

私は、主に健康診断業務(以下:健診)をしています。

派遣会社のエージェントさんによると、派遣の中でも健診は1番人気があるんだとか。

健診のお仕事を詳しく紹介していきますね♪

派遣看護師に仕事が依頼されるまで

健診業務は、健診を受ける受診者さんの元までこちらから出向きます

「患者さん」ではなく「受診者さん」と呼びます。

受診者さんのいる会場側から、始めに健診を依頼されているのは看護師の派遣会社ではなく、それぞれの健診センターです。

実は、各都道府県に健診センターは沢山あります

健診センターが人手不足であったり、もしくは、元から派遣看護師に働いてもらいたい場合に、派遣会社に連絡がいきます。

 
そして、私たちに健診業務の仕事紹介が来るといった流れ。
 
 

「○月○日空いていますか???仕事内容はこんな感じで…」と派遣会社から、直接連絡が来ます。

自分が働けるようであれば了承をし、仕事の依頼成立となります。

 

ここで気になるのは、仕事の紹介頻度ですね。

私が実際に登録したのは大手の派遣会社でしたが、コンスタントに仕事紹介が来ていました。
(LINEやメールでほぼ毎日、仕事紹介が送られてきます)

派遣会社に登録する時に、どのくらいの頻度でお仕事紹介があるか聞いておくのがオススメ!!

どうやって行くの??誰と働く??

健診当日は、健診センターのメンバーで大きな健診車に乗って会場へ向かいます。

レントゲンも撮れる大きなバスですね!

ところが、派遣看護師は基本は現地集合です。

一度、健診センターに集まってバスに乗り込む必要はないので、自宅に近い会場のお仕事を選ぶと、行き帰りが楽ですね。

 

健診業務は、基本的には朝早く集合しますが、勤務時間は半日で終了することがほとんどです。

最寄り駅から健診会場までの地図や、当日の仕事内容について、派遣会社から勤務の数日前に郵送で届くことが多いです。

(メールでのやり取りだけの派遣会社もあるようです)

因みに、一緒に働く健診メンバーはこちら。

  • 健診センターの社員
    (受付や全体指揮)
  • 医師(診察)
  • 臨床検査技師
    (レントゲン・心電図など)
  • 看護師(社員やパート、派遣)
 

仕事内容は??初めてでも大丈夫??

健診業務の仕事内容は以下の通りです。

仕事内容

  • 血圧測定(自動血圧計、水銀血圧計)
  • 身長体重測定(身長体重計に乗ってもらう)
  • 腹囲(メジャーでお腹周りを測定)
  • 採血(真空管、直針が多い)
  • 心電図(ほとんど技師さん。たまに紹介あり)

派遣会社から依頼を受ける際は、上記のうちの1つの項目が紹介されます。

 

お仕事当日の健診の流れとしては、受診者さんが、受診票を持って受診されるので担当された項目をこなし、受診票にサインをします。

仕事内容はそんなに難しくは無さそうだけど、初めての私に出来るかな??
大丈夫!必ず健診センターの社員さんが現場にいるので、優しく教えてくれます。同じ作業の繰り返しになるので、特別なことはほとんどありません。

気になる給料はいくら??

健診センターによって、給与の値段は変わります。時給や日給の違いもありますが、健診業務のおおよその給与を記載しておきます。

  • 時給の場合、1500〜2500円
  • 日給の場合、8000〜10000円

 

まとめ

いかがだったでしょうか??

同じ看護師でも、働く場所が違うと全くの無関係なので、仕事内容って分かりませんよね。私も、働くまでは派遣看護師のことをほとんど知りませんでした。

せっかく様々な場所で、看護師が活躍できるのに知らないのは勿体無いですよね。

そんな思いもあって、今回は派遣看護師の仕事内容について詳しく紹介してみました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。