ブログ運営

【ブログ改善】因数分解がブログ収益に繋がる!?

みなさん、数学って好きですか?私は嫌いです。

数を学ぶって書くのに、記号出てくるじゃないですか。怖いですよねー。

こんにちは、社畜旦那です。

 

さて、みなさんはブログを運営している中で、こんなことありませんか?

どうしたらもっといいブログになるんだろう
なんとなくやった方がいいとは聞いたけど、コレやって意味あるのかな

正解が存在しないからこそ、正しい方向に進んでいるのかわからない不安にかられますよね。

そんな皆さまを救う鍵となるのが…

懐かしの因数分解です。

 

因数分解で正しい努力の方向が見える!
  • どうしたら自分のブログがより良いものになるか分からない
  • 何からやれば良いのか、努力する優先順位が分からない
  • どうしたらブログ収益が上がるのか分からない

 

ブログの因数分解とは?

コンサルタントはよく「因数分解」という言葉を使います。

”因数分解をする”というのはつまり、

ゴールを達成するために必要な要因に分けて理解していく

ということ。…こう聞くと難しいですね。

大事なのはゴールから逆算することです。

具体的に以下で解説します。

 

レストランで考えてみる

あなたはレストランの経営者。目的は売上アップとします。

さて、売上が決まる要因はなんでしょうか??
色々パターンあると思います。が、一旦ここでは以下とします。

つまり売上がアップする要因は、

  • 客数が増えること
  • 平均客単価が上がること

に分解できましたね。

ここまできたら、まずは現状を分析しましょう!
今の売上が10,000円で、客数が10人、平均客単価が1,000円だとします。

なんとかこの売上を2倍にしたい!

2倍にする方法として単純化すると…
客数を2倍にするか平均客単価を2倍にすれば、売上が2倍になります。

試しに客数を2倍にしてみましょう!

 

ね!売上が2倍になったでしょ!

 

ブログ運営に置きかえてみる

ブログ運営もレストランの場合と同じです。

ブログ収益が決まる要因を因数分解してみましょう。

同じようにいろんなパターンがあるかと思いますが、一旦以下とします。

  • PV数:ページビュー数
    (何ページ見られたかという指標)
  • CV率:コンバージョン率
    (1件収益成約するために必要なPV数の割合という指標)
  • 平均広告単価
    広告1件成約あたりの平均収益単価
CV率が少しややこしいですが…要するに、収益1件成約するまでに100PVかかるとしたら1%、500PVかかるとしたら0.2%ということです。

つまりブログ収益がアップする要因は、以下に分解できました。

  • PV数が増えること
  • CV率が上がること
  • 平均広告収益単価が上がること

 

例えば現在あなたのブログが、

  • 月間収益500円
  • 月間1,000PV
  • CV率1%
  • 平均広告収益単価50円

とした場合は以下の通りになります。

これを2倍にするために、PV数を2倍にしましょう!

因数分解の意味、分かっていただけましたか?

 

因数分解、もっとできるんじゃ?

勘の良い方はお気付きかと思いますが、この因数分解やろうと思えばどこまでも深掘りができます。

では、ブログ収益を2倍にするために改善すべき指標を深掘ってみましょう!

PV数を深ぼってみた

ブログ収益を2倍にするために、仮にPV数を2倍にしたいと考えたとします。

PV数を因数分解すると「サイト流入数」と「平均PV数」に分解できます。

ではPV数を2倍にするために、サイト流入数を2倍にしましょう!

どうやって2倍にしましょうか。そうですね、分解しちゃいましょう!

サイト流入数を分解すると…

  1. 新規ユーザー数
  2. リピートユーザー数

に分解できますした!

更に!

新規ユーザー数を分解すると

  1. 自然検索流入
  2. SNS流入
  3. 他サイトからの流入

に分解できました。

さて、ここで因数分解をすることにエクスタシーを感じてはいけません。

大事なのはここから!

 

改善施策を考える

因数分解のメリットは、
収益がどこの指標に紐づいて得られるものなのかが整理できることです。

整理されることで以下が明確化されます。

  • どこの指標を改善すべきなのか
  • どのような改善施策を打つべきなのか
  • 実際にどの施策を優先的に行うべきなのか
  • 改善施策をした結果、どのように変化があったのか
では、改善施策を考えてみましょう!

 

自然検索流入数を増やす施策

自然検索流入数をどのようにしたらあげられるでしょうか。
施策の一例を挙げてみます。

対策キーワードを選定して記事を書く

今の季節は花火大会も多いですし、調べる人も多いでしょう。
そこで、近くでやっている花火大会の情報を記事にするのも1つです。

キーワードを選定したら、参加希望者が知りたい情報が何かを考え、記事を書いてみましょう。

SEO対策をしっかりする

自然検索された時に検索結果に上位表示されること、
また表示された時にしっかりクリックしてもらえることはとても大事です。

過去の記事を見直し、しっかりとSEO対策をしておくことも効果的です。

 

SNS流入数を増やす施策

SNSからの流入数を増やすためにはどうしたらいいでしょう。こちらも一例を挙げてみます。

 

ハッシュタグを入れて呟く

記事をSNSで発信する時に、よく呟かれているハッシュタグをつけて呟くことも効果的かもしれません。
ハッシュタグ検索から自分の投稿にたどり着く新規ユーザーもいるでしょう。

SNSのプラットフォームを増やす

現状Twitterしかやっていないのであれば、FacebookInstagramなど新しいプラットフォームで発信することも1つかもしれません。
プラットフォームによってユーザータイプが違うので、新規ユーザーの獲得に一役買ってくれるかも。

他サイトからの流入数を増やす施策

最後に、他のサイトから流入してもらえるためにはどうしたら良いでしょう。こちらも一例を挙げてみます。

ブログ村などに登録しておく

ブログ村に自分のブログを登録しておくと、あらゆるブログの運営者や閲覧者が自分のブログに気づいて流入してくれるかもしれません。
プラットフォームパワーのあるところに登録するのも手ですね。

他のブロガーさんに紹介してもらう

条件がwin-winであれば、お互いのブログを紹介し合うなど同じブロガーさんと協力することもひとつですね。それぞれのブログのファンが別のユーザーであることも可能性として高いので、効果が期待できるかもしれません

まとめ

先ほど挙げた施策はあくまで一例です。もっともっと考えられる施策はあると思います。

さらにCV率平均広告収益単価もどんどん深掘れます。
そもそも因数分解も正解はないかもしれません。

誰にも正解が分からないからこそ、

  1. 自分自身で仮説を立てて
  2. 実際に施策を打ってみて
  3. 検証してみる
  4. その結果がなぜ起こったのか再度仮説を立ててみる・・・

この繰り返しでしか、正解っぽい方向にはたどり着けません。

これが世に言うPDCAってやつだね!

PDCAを回すために、因数分解をしてそれぞれの指標との因果関係を整理しておく。

何が悪かったのか、どんな施策を打つべきなのか、優先順位は・・・などを考えるのに、自分だけの出発点を用意しておくととても心強いです。

 ぜひ、時間を見つけて試してみてくださいね!

 

今日も難しい内容だったと思いますが、最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
社畜旦那
SATSUKIの旦那です。平日は外資系コンサル企業にてwebマーケティングのコンサル(社畜)として働いています。休日はこのサイトの管理を担当し、妻との共通の趣味としてゆる〜く楽しんでいます。たまに妻の代打として登場し、初心者にもわかりやすくwebマーケのノウハウを発信していきます。