運動

【ダイエット】太るメカニズムを知って痩せる

年齢を重ねるに連れて、代謝が落ちてきたと感じる人は多いのでは無いでしょうか?痩せたくて、ダイエットをしている方も多いはず。

ダイエットを始めるにあたりまずは、太るメカニズムをよく理解しておくことが重要です。

太るメカニズムについて紹介していきます。

この記事は3分程度で読めます。

  • ダイエットを始めたいけど、何から始めれば良いのか分からない。
  • どうして太ってしまうのか、理由を知りたい。

なぜ、人は太るのでしょうか??

 

ダイエットを始めるにあたり、闇雲に行動してもコミットするまでには時間がかかります。ですので、まずは敵を知るところから始めましょう。

 

そもそも、人は「どうして太るの?」といった素朴な疑問を解決していきたいと思います。

「太る」ことに関して、大きく関係しているものに、“エネルギー“があります。

 

エネルギーとは、

  • 生命を維持する働き
  • 体温維持や生活行動に欠かせないもの

車でいうガソリンのようなものですね。

更にエネルギーには、「摂取エネルギー」と「消費エネルギー」の2種類があります。

人が、食物から摂取するエネルギー摂取エネルギー、それとは反対に、人が活動に使用しているエネルギー消費エネルギーといいます。

 

この、摂取と消費が均一ならば人間は太ることは無いのですが、

摂取エネルギーが過剰になってしまった時に「太る」原因に繋がります。

そして、摂取エネルギーの3大栄養素と呼ばれているものが、以下の3つです。

  1. 脂質
  2. 炭水化物
  3. たんぱく質

糖質は摂取するバランスが大切

私自身、看護師をしているので、実際に糖尿病患者さんへの食事指導も行なっていました。

コソコソと病室にお菓子を持ち込んで食べている患者さんを見つけては、注意をしていましたが、

気持ち分かる〜、あのお菓子美味しそう…今度買おう。」

なんて実際は思ってました。誘惑に負けちゃう気持ち、本当に良くわかります。

糖質を摂取しすぎるとどうなる??

人間のエネルギー源ともなる糖質ですが、誘惑に負けた結果、糖質を摂りすぎてしまうと一体、どうなってしまうのでしょうか??

そこには、ご存知「体脂肪」が関与しているのです。

体内に摂り込まれた糖質は、ほとんどが消化や吸収を経てブドウ糖に分解されます。

それがやがて、血液を通してくまなく全身に運ばれ、エネルギーとして活用されます。

ところが!!

糖質を摂りすぎてしまうと、余分なブドウ糖が脂肪に分解されて”体脂肪”として蓄えられます。

こういったことから、糖質はバランスよく摂取が大事なんですね。

甘い飲料を飲むことをやめた

私が、ダイエットを始めるきっかけにもなった愛読書があるんですが…。

そこに、普段飲んでいる飲み物に潜む、驚きの事実が隠されていました。

私は読んだ瞬間にひっくり返りそうになりました…笑

それぞれ、飲料に含まれる糖分が記載されていたのですが…どれもとんでもない量でした。

よく、コーラは砂糖がたくさん入っているとか言うけれど、コーラだけじゃなくて、エナジードリンクもカフェオレも。

健康に良いとされている野菜ジュースまで!

この本を読むと、今までの生活習慣を反省しますが…早めに知って損はない情報たっぷりでした。

嗜好品なので、あると嬉しいこれらの飲料は摂りすぎには注意したいですね。

終わりに

今日は、太るメカニズムについてサラっとご紹介しました。

痩せるダイエット法については、また後日ご紹介していきます。