書評

【バレットジャーナル】手帳で夢を叶える?方法詳しく解説します。

  • ダイエットが続かない
  • 資格の勉強が続かない
  • 仕事で成果をあげたいのにうまくいかない

一度決めたこと、目標達成まで続けられていますか??当てはまる人も多いのではないでしょうか。

今、こうした悩みを抱える人にブームなのがバレッドジャーナル(Ballet Journal)という手帳術です。

私もバレッドジャーナルを生活に取り入れてもうすぐ1年が経過しますが、目標を達成するために効率良く毎日を過ごせるようになりました。

もっと早くこの手帳術を知っていたらな…。というのが正直な感想です。

というわけで今回は…、

バレッドジャーナル夢を叶える手帳術の書き方を詳しく解説していきます。

バレットジャーナルはこんな人にオススメです

  • 目標を達成する前に諦めてしまう
  • タスク管理をして有意義に過ごしたい
  • スケジュール管理はデジタルじゃなく手書き派
  • 手帳を買ったものの続かない

【バレットジャーナル】手帳で夢を叶える?方法を詳しく解説します。

バレットジャーナル(Ballet Journal)とは、ニューヨーク在住のデジタルブロダクトデザイナーである、ライダーキャロル氏が考案した人生を成功に導くための独自の手帳術のことをいいます。

手帳術というと市販のスケジュール帳を思い浮かべますが、そうではなくて自分の好きなノートを使うのがポイント。

市販のスケジュール帳だと、途中で書かなくなってどうも続かないという人には特にオススメです。

好きなノートを、好きなようにカスタマイズしていくのがバレッドジャーナルの魅力です。

バレッドジャーナルで思考を整理する

バレットジャーナルの概要が分かったところで、手帳の中に何を書いて思考を整理していくのかというと、こんな感じです。

  • 思考や情報
  • タスク
  • 時間
  • 習慣
  • 目標 

これらをバレッドジャーナルのルールに沿って、1冊の手帳に書き留めていくことで自分に対する理解を深めて、目標達成に繋がる行動を起こすことが可能になります。

センスの良いバレッドジャーナルを目指すなら、ねこねこさんの本がオススメ

文章だけでは伝わりにくいと思うので、ここでインスタグラムでも人気なねこねこさんのバレッドジャーナルをご紹介します。

叶えたい夢を書く、”WISH LIST”や

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

WISH LIST100〜2019ver. . . もはやWISHと言っていいのかどうか…具体的すぎる2019の目標100個です。. . WISHっていうと、何が欲しいとかどこ行きたいとか、キラキラふわふわしたものを書いた方がいいのかなとも思うのですが。. 私は書いた項目を、消したい…!. 消して達成感を味わいたい。. なので現実的な目標が多いです。. 何個消せるかな、がんばります。. . あとこのしろくま描いたのを本当に後悔しています😂. 何が描きたかったんだ自分!😭消したい!. . . #手帳 #bulletjournal #バレットジャーナル #自作手帳 #記録 #ノート #note #文房具大好き #文房具 #ノート作り #notebook #モノクロ #モノトーン #白黒 #方眼ノート #bujo #手帳ゆる友 #手帳の中身 #ロイヒトトゥルム #leuchtturm1917 #wishlist #ウィッシュリスト100 #ウィッシュリスト #2019の目標 #やることリスト

ねこねこ(@88necoco)がシェアした投稿 –

</

週の”TODOリスト”を書いたり、

とにかく自分の思考を整理することが目的なので、思ったことをバーっと書いてしまって構いません。

ねこねこさんはバレッドジャーナルの書籍も出版されているほど。もちろん、ここまで綺麗に書けなくてもOKです♪

バレッドジャーナル 人生を変えるノート術で人生変わりました

私がバレッドジャーナルを始めるにあたり、参考にした本はこちらの”バレッドジャーナル 人生を変えるノート術”です。基本から応用まで図解つきで丁寧に書かれているので分かりやすいです。

読み進めていくうちに、早く実践してみたいという気持ちにさせられます。

ざっと手帳に書き込む内容としては、こういった感じです。

バレットジャーナルを生活に取り入れたことで、成功した方々の体験談も載っているので、いかに有効な手帳術かということが分かりますね。

実際にバレットジャーナルをやってみて

私は、バレットジャーナルを始めて4ヶ月になりました。

実際に、日々やってみて感じることは、
 

バレットジャーナルとても良い!自分に合っているなあ。

毎日手帳に向き合って、1日の行動スケジュールを立て、夜になったら1日を振り返るといった流れが習慣化されました。

バレットジャーナルには目標達成するための様々な方法が載っています。


中でも私が気に入っているのは、「5,4,3,2.1」STEPシートという方法。

5,4,3,2.1」STEPシート

目標コレクションを設定して、5年以内・4ヶ月以内・3習慣以内・2日以内・1時間以内に行うことを書き出す。

目標に対するタスクを全て書き出して、それらを達成していく過程もノートに記録することで、頑張った事実が見える化するのでオススメ!

この達成感は何とも言えません

バレットジャーナル術は、お気に入りのノートとペンさえあればすぐに始められますが、最近ではバレットジャーナル専用のノートが発売されています。

私も実際にこのノートを使用していますが、とても使いやすいです。バレッドジャーナルを初めて取り入れる方にはオススメです。

終わりに

ライダーキャロル氏がバレットジャーナル術を考案した目的は、「人生においてなにより価値のあるふたつの資源、時間とエネルギーの使い方に留意するようになること」だそうです。

本当にその通りで、この手帳術を始めてから時間に対する意識が変わりました。

限りある時間の中で、日々目標を達成しながらより良く暮らしたい方にオススメの手帳術です。一度、試してみる価値はありそうです。